サイコ

メンバー・内容は丸が示してくれた通りです。

皆引くの長いのに明らかに俺短かったような・・スピードもなかったような・・・
最近巡航が辛くて辛くて仕方がないです。
スプリントに自信付いてきたけど巡航はてんでダメになった、そしてスプリントに自身は付いたと言ったけど戦術面はまだまだ。
結局今日は5本中1本だけ。後半3本はいいように使われたり仕掛けのタイミング見誤ったり。そういうの磨かないと勝てませんね。

頑張ります。

こしみーさん富家君今日はあざぁす。

おーやーまーだ。

合同小山田練。他大学の皆様ありがとうございました。

1周下見で自分は4周?平地スプリントで他ペース
丸の登りのペース速すぎ。東洋の大エースは格が違うな(感心)
スプリントは1位→1位→2位
基本こしみーさんと龍さんとの争いだったけど、2本取れた。まぁ二人共本調子じゃないからあれだけど。
最近スプリントの掛け方が分かってきたかも。

いい練習でした。
他大学の皆様また是非練習しましょう。

高石杯

レース形式は丸が示した通りなんで割愛
結果からぱぱっと。
・予選A組 15位で予選突破 決勝進出
・決勝 パンクでDNF

単純に脚力不足でしたねハイ。色々課題はあるけど足さえあれば大きな問題ではない。やはりクラス1に上がれたのはまぐれだったように思うし、そう思われても仕方のない結果。
ただ、神宮前にハイレベルなレースを体験出来たのは大きい。DNFという不甲斐ない結果ではあったが無駄ではなかった。何より速い人と走るのは楽しい。

しかしこんな結果では神宮はまともな結果は生まれそうにない、のでもう開き直って楽しく走れればいいというくらいの気持ちでいく。意識低いかもしれないけど、下手に気負うならそっちの方がパフォーマンスも幾分よくなる気がする。

最終戦頑張ります。


P.S.
先輩の車に閉め出しくらいました。そして初めてJ○F様にお世話になりました。ありがとうございます。先輩の車をご利用させてもらう時は要注意でふ。

ゲホゲホ

まだ咳と鼻が良くならない。この風邪粘り強い。敵ながら見習う。

今日は是9で駒澤(尾崎さん、渡辺くん、田中くん)明学(龍さん)慶應(池辺くん、朝比奈くん)とスプリント練。場所は是政から5分も掛からないところにあるストレートで。その後10時から木村・尾形・野口・高田・龍さんで小山田3周。

スプリントは4本。掛かりが悪い。というか踏んでて気持ち悪かった。日曜から実走してない状態でいきなりこういう練習やるとダメだわ。いやインターバル力がないだけか?
小山田は基本ペース。いつものとこでスプリント。
1周目は道教えながらで無し。2周目はトラックが居て不完全燃焼。3周目にようやくまともなのが出来てギリ1着。

やっぱ、ブランクがあってもクラス1の第一線で走ってた人は強いなと思った今日この頃でした。


明日はしっかり休んで高石杯に望むとします。目標は決勝に残ること。

29日

行田から風邪をこじらせまだ治らんのでとりあえず筋トレー。それも腹筋・背筋のみ。
プランクもやろうと思ったけど、落車で肘怪我してできんかった。

高石杯も間近。こんなコンディションではまず戦えないので意地でも間に合わせたい所。
できれば行田の時の状態が望ましい。今までで一番足の状態が良かった。メンタルもそう。優勝したからそう感じるのではなく本当にあの時は足も軽かったし気持ちも辛いより楽しいの方が大きかった。ああいう感覚で高石杯も走れれば、結果が残せるかまではわからないけど納得の走りが出来るはず。

頑張ります。

P.S.
部室欲しい。無理なの分かってるけど、部室がある利点を考えるとそう思わずにはいられない。。。

行田クリテ第3戦

クラス2での初の出走。
結果は優勝。・・・何言ってるかよくわからないだろう?嘘だと思うだろう?自分もそう思ったんだけど落車の怪我も痛いしどうやら本当らしいんだ。もはや嬉しいとか感じる余裕もなくただただビックリ。
ということでなんと東洋自転車愛好会発足3年目学連登録2年目にして初のクラス1爆誕です()

レースまでの流れ・レース展開ですが
例のごとく丸と金曜走り肺と脚を十分に慣らしておく。土曜も走る予定だったが寝坊をかましてサボり。けど最近疲れがうまく抜けない感じだったので今考えれば言い方悪いけどここでサボって良かったと思う。
後輩が出走してからアップ開始。かなり軽く。足の印象は悪くない。前回は張り疲れがが残りまくって終始キツイレース展開になってしまったが、これは確実に土曜休んだのが功を奏した。走ってきて分かったのが前日までに肺・脚を慣らしておけば大したアップは要らない。
作戦だが、地脚的に周りに劣るし、残り参戦出来るレースも少ないのでとにかく"目立つ走り!"をして"出し切る!"という思いのみで出走。作戦というよりは目標みたいな感じ
スタートは前目に位置。ローリングスタートから未舗装区間でリアルスタート。周りが動きそうになかったので前回同様に作戦?というか思いもあったし自分からアタック。最初に反応してくれたのは信州の方のみ。3周目から駒澤の渡辺君も合流。がこの直後に爆風区間に入るコーナーで思いっきり風にチャリをすくわれ落車。体もチャリも無事だったのでニュートラルを利用して2人に合流。合流したところで今度は渡辺君が落車。また2人になるが5周目にはまた3人に。6周目入るくらいに渡辺くんのアタックかな?で信州の方が千切れ6周目以降から2人旅に。ちょいちょい振るい落としが来るが絶対に離されないように付く。8周目の最後の横風区間で今度は自分からペースアップをして千切りに掛かる。一旦は突き放すことが出来たが未舗装区間で差を詰められおとなしく捕まりゴールスプリントへ。コーナリングでミスって掛けるのが遅くなり離されるが死ぬ気で踏んで捲くってゴール。

上でも書いたけど今回の優勝はひたすらに驚くばかり。これは奇跡だまぐれだそういった類のもの。実際にあるんだなーこういうことも。全く実力ない訳じゃないことは自負しているが、この場で勝てたのはホントに運が大きく絡んでくれたからだと思う。運も実力のうちなのかもしれないが運の割合が大きすぎて素直に喜べてません。ただ一つだけ言えるのがこの結果がどう生まれたのであれ、クラス1という成績はとても立派なものだということ。残りは神宮と行田のみ。驚いてばかりもいられないので気を引き締め直して残り2戦だがクラス1という実績・称号に恥じない走りをしていきたい。


そして部員達へ・・・お前ら俺のレース見とけよ・・・終わったあと木村しか居なくてわりとショックだったんだから・・(グス

最後に、
野口は運転いつもありがとう!ブログに書いてませんでしたがいつも感謝しております。
丸は優勝おめでとう!優勝した時自分のことのように嬉しかったです。やはりいつも一緒に練習しているからでしょうね。次はクラス1!自分よりも実力もモチベもあると思っています。だから大いに期待してます練習リーダー!
そして自分の優勝を祝ってくれた他大学の皆様本当にありがとうございます!

では、また神宮大学対抗でお会いしましょう。

なんちゃってクラス2な人

クラス2かと思いきや実はクラス3な実力の佐々木です。
いやーもう本当に。今日は後輩にボコされました。

都内某所で練習。
メンバーは高田・丸・野口・尾形・木村・福山・俺の7名。松本さんも来たけど遅れてなので一緒に走れてない。
皆はペース走3周を2セット(レストに1周挟み)。3周目のラストでスプリント。ちなみに自分は福山と早めに着していたので皆が来る前にアップがてら2周したので計9周。
ペース走は全員が千切れない速度で。
スプリント1周目は(ポンコツ)発射台で参加せず。2周目は最後の信号手前で自分が先頭代わった瞬間に丸がペースアップ。そこで中切れが起きて追いつくのにかなり苦労した。言い訳っぽく書くとペース走という気持ちでいたから気を抜いてた。最後は丸が花を持たせてくれて1着。

手賀沼練といい今日といい冒頭にも挙げたけどホントクラス2とか名ばかりで実際弱すぎて話になんねぇな。後輩に引きずられまくってる。なんと情けないことか。てか、発射台やった時尾形が千切れずにその上福山・丸とスプリントしてたのがビックリした。マジで。その後のペースも付いてきてたし、このまま頑張って欲しいですわ。
対して今日千切れた野口!木村!もっと頑張れ!尾形にこのまま抜かれるな!!


自分も頑張ります。

寒いとか感じる余裕すら与えてくれない

土曜 丸と彩湖デート
メニューは割愛。終始キツかった印象。スプリントに力強さもなかった。

日曜 北野さんに誘って頂き去年の暮れに地獄を見た手賀沼練へ。
メンバーは北野さん・岡君・駒澤1名・慶應2名・成蹊3名・流経2名?・うちから2名とそして実業団の方々。かなりの大所帯。
朝が早のと、自走で行くと練習で即売り切れになりそう(前回そうだった?)だったので車で突撃。30分前についたのに集合に遅れる謎の失態を犯して練習へ。
ペース3レース1×2(レスト1周)計9周 人数が多いので集団を二つに分断。
1周目 様子見で緩めのペース。
2周目 前回と同じくらいのペースになる。ラストの坂手前にある信号で後ろと合流して3周目へ
3周目 北野さんの一声から一気にハイペースに。ローテがうまく噛み合わなくて序盤は合流するのに非常に苦労した。後半からようやくマシになってきてこの周をしっかりこなす。
4周目 序盤の平坦区間からアタックが散発。最初の数本はアタックに反応したが3周目のハイペースで脚をかなり消耗していたので途中から集団に回帰して終盤に備える。何も出来ずに終わりたくなかったので1本目の登りの終わり辺りでアタックしようと企んでいたら眞坂さんがその坂の序盤でアタック。意を決して付いて行き2人逃げの態勢に。一瞬は行けると思ったがそんなに集団は甘くなく最後で追いつかれてスプリントへ。坂を下りきった所で最初に掛けるが粘らず垂れて集団の後ろでゴール。
この時点で足が終了しており、次のセットの2周目で千切れ西東君と走っておまけに3周目はDNSしてレースへ。
レースも序盤でツキイチになって挙句千切れた。

2度目の手賀沼も相変わらず地獄だ・・まぁ自走しなかったおかげで4周はしっかりこなせたし、レース走で逃げ切れはしなかったがそういった展開が作れて(便乗しただけ)良かった。勝負に絡めると楽しいね!
ただやはり後半へと繋がらない。出力はそれなりでも周りと比べて圧倒的に維持が弱い。維持力で言ったらメンバーの中でも下の方。北野さんに「30km男」と言われたが返す言葉もない。
そして、この練習を2度経験して思ったのが東洋のみの練習は緩い。その原因を作ってしまったのは自分だと思うので次の練習から東洋全体が高い意識をもって練習をこなしていけるよう次期監督((笑))として取り計らっていく。


最後に
今日の練習に誘って頂いた北野さん、一緒に練習してくださった皆様ありがとうございました!また是非お邪魔したいですm(_)m そしてボトルを貸して頂いた眞坂さん本当にありがとうございました!

行田クリテ第二戦

行田クリテ第二戦 
結果 3B優勝
・・・喜ぶのはレースについて書いてからにしよう。

レース当日までの流れは、やはりいつも通り金・土曜と走って足と肺を慣らしおく。ただいつも通りだったはずなのに思ったよりも足が疲労していて不安の残るコンディション。ただその代わりにモチベーションは今までで一番高かったような気がする。アップは疲労のことも考えて軽めに3~40分行ってレースへ。
スタート位置は最前線。前を取れたのはホントに大きかった。
マークしたのは成蹊の小林・早稲田の金子君。作戦は少人数でのスプリントに持ち込むこと。前回に比べてメンバーは薄く何もしないと集団のままになりそうな予感があったので作戦の為には少し脚を使ってでも自ら動いて集団を削ることを考えていた。
スタートはローリング。舗装の悪い区間でリアルスタート。その直後に自ら上げて集団を縦長に。2周目辺りからすでに10人未満の集団になり半分走り終える頃にはマークした2人と自分の3人のみの集団に。3人になってからは2人の脚を使わせることを考えながら走る。小林はコーナーを苦手にしてるようだったので極力自分or金子君でコーナーに侵入し後ろでもがかせて脚を使わせる。金子君に対してはローテを早く回すことくらしか出来なかった。そんなことを淡々と繰り返して最終周へ。明らかに疲労の色が濃い小林に最終コーナーで先頭に立ってもらうようにローテを回す。思惑通りにホームストレートへ、自分は2番手。小林が仕掛けた所で自分もスプリント開始して先頭ゴール。

今回のレースで勝てたのは作戦通りに動けてそういう展開になってくれたからだなと。そこに繋げる為の冷静さと積極性も良かった。今思うと、今まではちゃんと考えながら走るってことはしてなくて、そして周りがどうなるかは周り次第と消極的だったのだと思う。あとは気持ちかな。やっぱり気持ちが一番大事だということを再認識した。


いやぁしかしまさか自分が優勝で昇格出来るとは・・最初の頃アルテグラが読めなくてウルテグラって読んでたような奴だぞ・・・これを嬉しいと言わずしてなんという。東洋初のクラス2、東洋初の学連レース優勝っていう特典も嬉しいとこだよね。それに自分の知ってる人は皆クラス2ばかりなのでその人たちと残り少ないが一緒に走れる喜びもかなり大きい。そしてこれが最後ね、後輩にやっと威厳が見せれたのが嬉しい!練習ではそれなりでも結果を見せれたことはないので。


とまぁ一通り気持ち悪いくらいに喜んだところで、もう切り替えます。今のままではクラス2でまともに走れないから気を緩めず練習していきます。後輩に目標にしてもらえる先輩で居たいし。


頑張ります。

ゴッサム

強風@くっそ寒いin彩湖(丸と野口)
ペース3周土手下スプリント3本(土手流し)計6周
ペース走はメディオくらい。スプリントは今回は発射台なしで3人で純粋な勝負。
1本目 先頭からのスプリントだったが、追い風だった為加速もノビも良くて1着
2本目 野口が仕掛けた瞬間に自分も踏んでそのまま二人を振り切って1着
3本目 折角追い風なのでロングスプリント。丸に付かれそうになるがなんとか振り切って1着。

ペース走わりと楽に走れた。
スプリントは心肺の状態が良くないと思ったが、追い風のおかげもあってそこまで辛くなかった(つまりもっと追い込めたはず)。それと今日はいつもより腕をしっかり使えてた。年始の重労働で腕が進化したおかげだな。

練習量少なく感じたから、帰宅してローラーでインターバル練を敢行
20-40sec×5
タバタやろうかと思ったが、結局やらず。てか自分はこのインターバルでいいや。これで伸びを感じなかったらタバタを取り入れてみよう。