2017年の振り返り


1月
RCS第10戦 クラス3B 7位
RCS第11戦 クラス3B 6位

3月
RCS最終戦 クラス3C 11位

4月
RCS第1戦 飯山ラウンド
1日目クラス3A 12位
2日目クラス3C 7位

5月
RCS第2戦 修善寺オープンロード
クラス3 第13位

7月
RCS第3戦 白馬ラウンド
1日目 3位
2日目 5位

9月
RCS第4戦 山形村ヒルクライムラウンド
クラス3 2位 (クラス2昇格)

11月
RCS第6戦 浮城の町クリテリウム
クラス2B 11位

12月
RCS第7戦 幸手ラウンド
クラス2B 12位

2017年も長いようでとても短く感じる年でした。短く感じるということはとても充実した1年だったんだなと思っています。
今年は前半こそ結果がでず焦りもありましたが7月の白馬クリテあたりから自分が一段階強くなったと感じました。その甲斐もあり今年はインカレ出場こそ逃しましたが9月の山形村ラウンドで無事クラス2昇格を果たすことができました!
クラス2ではまだまだな走りしかできていませんがラスト1年、2018年は就活と学校など忙しくなるとは思いますがOBの丸さんや佐々木のような力強い選手になれるように努力していきます!

では、良いお年を。

12/10 RCS 幸手クリテリウム

クラス2B 12位

この日は午前中に一般のレースがあったために準備する時間も結構ありリラックスしてレースに望むことができました。
今回は前回の浮城での反省を生かし前半から積極的に前方でのレース展開を心がけました。4周目あたりで先頭で落車があり、自分は落車こそしませんでしたが番手を最後まで落としてしまいました。ここからしっかり前方に復帰できればよかったのですがビビりが入り消極的になってしまいました。駒澤大の森さんも落車の影響で番手を下げていましたがそこからしっかり前に戻っていたので自分はまだまだだと感じました。そしてそのまま集団中程で残りの周回をこなしてゴール。
レースには落車はつきものだとは思いますが、そういうイレギュラーな事案が起きた時でも冷静に立て直す能力も重要なのかなと思います。
次回は川島でのレースなのでそこでは今回、そして前回の反省も生かしつつ結果を出したいと思います。

そして、今回はクラス3からクラス2へ目黒選手が昇格を果たしました!
ここ3戦僕を始め連続での昇格で東洋大も勢い付いてきたので冬場のトレーニング期間を有効活用して夏のロードシーズンもしっかり結果を出していきましょう!

11/19 RCS 浮城の町クリテリウム

今回からクラス2ということで若干の緊張はあったものの足の調子は良い感じだったかなと。最後の位置どりさえしっかりこなせば上位は狙える自信はあった。
結果から言うとクラス2b 11位、、、
まだまだ、、、

それではレースレポート

1周2km×10

クラス3では開始5分前くらいでも先頭に並べましたが流石にクラス2でそれをやるとギロリって感じなので早めに行って先頭を確保。スタート前もいつも通りの緊張感。そしてスタート、が、まさかのクリートキャッチミスをするという初歩的ミスをする始末。せっかく先頭にいたのに集団こうほうからのスタートになってしまった。1周目の感じとしてはクラス3とはスピード感が違うのでなかなか焦りましたが3周目に入るまでには順応してきた感じ。前の組では駒沢大をはじめジャブの打ち合いのような感じだったのでこっちもそうなるのかなーと思っていたらあまりアタックをかける人間がいない、、、
これはラスト3周がキモだなと思い4周目〜6周目くらいまでは集団の中ほどらへんでステイ。だがこれがいけなかった。レースも中盤になってくると疲れた選手のコーナーが雑になり中切れみたいな感じで立ち上がりが結構辛い。これはまずいと思い7周目の第1コーナーを抜けた後に脇から先頭へ行きそのまま若干先行していた日大の選手にブリッジしそのまま逃げてみようかなと考えていたが、遅すぎて速攻で潰され集団中盤に帰宅。8周目くらいで信州大のアタックにより集団は活性化してきたので自分も先頭へ復帰する予定だったのがなかなかうまくいかず最終周もそのまま集団中程のまま。最終コーナーも15番手くらいで抜けてそのまま11位でゴール。

走ってみた感じだとクラス3とは違い走っている人の足のタイプがはっきりしているなーという印象がありました。自分はまだまだクライマーで平坦の実力不足を実感したのでこれからの練習メニューにもさらに工夫が必要だと感じたレースでした。








8日

ブログがまちまちなので改善しなくてはですね。
気をつけます。

8日 東洋練 物見山周回×10

班分けをしたので僕は杉本、中平と3人でやりました。
1周目は09m50sといいペース。そこからも5周目、8周目を除いて09m35〜50sくらいで全て回れたので前に同じメニューをした時よりも成長を感じました。
中平は長距離になると疲れてくるイメージなのであまり休まないで長い距離(150km〜)乗ったりローラーならメディオなどすると解決できるんじゃないかなと思う。

22.23日

22日
朝から天気が悪かったので近所練
3km×7
ひたすらパワー一定を意識してやりました。


23日
この日も雨だったので
3km×7(3.5.7でスプリント)

調子は悪くなかったのですが、スプリントではなかなか出力が出なかったのでなんとも言えない感じですね。


18.19日

18日
この日はNEROの羽田さんと物見4周
行きと帰りは踏みフミフミしました。
周回のペースは1. 09m40s 2. 10m16s 3. 09m54s 4. 09m36s

19日
火曜練 サイコ 6周
いつも通りのメニューでしたが疲労が溜まっていたのかかなり辛く感じました。
最後のスプリントでも試しにシッティングスプリントにしてみたら800w近くしかでないというゴミっぷりでした。


第65回 秩父宮杯

台風が接近中という中、朝からなかなかの雨模様。
心の片隅ではどうにか家に引きこもっていたい衝動が暴れまわっていました。
結局中止にはならずマーンカーで移動。途中で石井宅からテントをもらって行く予定でしたが積み込みが面倒だったので石井くんのデリカも出動しました。行き帰りに関しては本当に助かりましたありがとう。

というわけでレースレポート!
今回は初参加ということでしたが、2年前に丸さん、佐々木さん、ぴにーさんの試走について行っていたのである程度はコースは把握していました。
コースとしてはトータル10km弱で、スタート直後すぐに激坂区間(と言っても1〜2キロくらい)があり、その後降って1つコブをクリアしたらあとは平坦というパンチャー向きのコースでした。
スタートしてすぐに東北学院の猿田さんがペースを上げたので対応。登り切るくらいのところで吸収し、下りへ。
その後はなんどかのアタックで先頭の2.3人が抜け出す形になりました。2周目終わりあたりでその人たちを吸収するところで明治の人がそのまま抜け出したのでブリッジ。リンク東北の人も2人きて途中までは4人でしたが、6キロすぎくらいで明治の人と僕だけの逃げになりました。4周目終わりあたりで吸収されラスト周回へ。
最後の登りはそれはそれは心拍も上がりっぱなし足は売り切れ寸前でだいぶ危うかったですが最後の平坦へ。すでに位置取り争いは始まっていて、先頭は高校生を含め30人くらいの集団。
僕は後方に位置していたため前へ上がろうと試行錯誤していましたが結局最後は落車をビビって12位でゴール。

今回のレースはなかなかレベルも高く、精鋭揃いでしたが、そんな中でも積極的に展開に加われたのは良かったのかなと思います。ただ、やはり最後気後れしてしまったのは何よりも反省している点です。最後の最後で自分にとって最良の形でスプリントを開始できることはなかなかないので、それをいかに最高の形に持っていけるか、それをこなすアグレッシブさが自分には欠けていたのかなと思います。
次のRCSまでは1ヶ月くらいはあるので期間は短いですが、より密な練習を意識していきたいと思います。

9/10 RCS4戦 山形村ヒルクライム

クラス3 2位

前日に移動し長野県松本市に上陸。松本城や信州そばを食べたりとリラックスした1日を過ごしました。レース当日もそこまで体が固くなることもなく順調にスタート準備ができました。

今回のヒルクライムコースはラスト1キロ弱からの激坂&ガタガタ区間で差がつく、というようなコースでした。

まずはヒート1
登りには自信があったので激坂まではチェックすべき選手を見つつこなしていきました。そして激坂区間。ここではクラス3は既に僕と京大の選手に絞られていたので最後まで踏み続けました。ですが京大の選手のほうが1枚上手で2位で終えました。

ヒート2
ヒート1が終わった時点で既に泣きそうな顔になっていたのを覚えています。はー2がスタートし、始めの激坂が終わってゆるくなるところでアクアタマの選手がパースアップしたので冷静に対応。ですがその後何名かが先行したのですが、クラス3の選手はいなかったので追いませんでした。そしてまた激坂。辛い以外の感情はなかったですね。結果は3位で終えました。

ヒート3
スタート前には既に廃人と化していました。ですがここで感情を無にし、3本目スタート。最後の激坂までは前のほうで走りました。そして最後の激坂に突入。最後は出し切ろうと思いよだれがダラダラになるくらいには追い込みました。ですがまたしても足が売り切れ3位でフィニッシュ。

結果は総合2位でようやくクラス2に昇格することができました。
が、山登りには自信があっただけに今回の結果には満足していない部分もあります。ヒルクライマーを名乗るならもっと強くならなければならないと感じたレースでもありました。
そして、これからはクラスが上がり今までよりもさらに難易度の高いレースになるので恥ずかしい走りをしないように練習に励んでいきたいと思います。

富士見合宿 1〜3

1日目 東京〜富士見高原
この日は自走で移動。
行きは登り基調で184キロ走って獲得が2800強となかなかなクオリティですが、ペースは楽すぎずきつすぎずな感じでした。
いつもの移動が車のところをあえて自走にしてるのはそれも練習なのであってこの日遅れてしまった人は帰りはもっと気を引き締めていきましょう。

2日目
午後から雨だったので富士見のセミナー〜甘利山入り口までの80キロ
行きは下り基調だったのでガンガン上げて行きました。帰りは杉本とたけおさんが山へ行ったので他のメンツを連れて帰宅。韮崎あたりまではアゲアゲで帰りました。

3日目
朝から雨だったので止んだのを見計らってみんなで観音平まで

これからは4日連続でなかなかハードですが、強くなるためには必要なことなので気を引き締めて練習していきたいと思っています。

RCS第3戦 白馬

1日目 ポイントレース C3 3位
全6周回で3周目が中間ポイントでした。
序盤からペースは上がり中間ポイントは日体大のアタックに単独でブリッジしここは2位で通過しポイント獲得。そのまま小集団で最終周に突入し、ラストコーナー前でアタック。中途半端にかけてしまったのですぐに日大、日体大に捕まってしまいました。そして、最後は3番手でスプリントを開始し、捲りきれずに3位でゴール。

2日目 クリテリウム
前日は昇格は逃したものの気持ちは切れていなかったのでこの日で勝ちきる気持ちで行きました。
結果から言うと5位でした。
最終周横から上がってきた人に横に押されアッサリコースアウト。差は結構空いてしまったので全力で追ったのですが、スプリントには絡めませんでした。

今思えば反省点も多かった2日間だったなと思います。「あの時こうしていれば」というのは言い出すときりがないのでまた次の山形村のヒルクライム頑張ります。
3年目にしてまたインカレにも出られずいつまでC3にいるんだと自分でも思っているのでこれからのレースは今まで以上に一戦一戦大事にしていきたいと思っています。