6月第3週(11~17日)

■MON
クリテ練 5周
14.7km 14m

雨の中クリテ連である。
2周目のみガチ走りして最速記録タイを樹立。
新しいホイールの踏み方がまだつかめ切れていないため、まだ伸びる感覚もあるため、記録更新は近いと思われる。

■TUE
梅ヶ谷峠 4本
58.2km 596m

おニューの軽いホイール、登りのタイム出ず。
何という事か。
平坦のタイムが歴代上位に上がっている。
ホイールの軽量化は登りに有効ではなかったのか。
ペダリングの汚さが原因だと思われる。
今までは重いリムの慣性で誤魔化して登れていた。
が、今日はペダリングのムラが加減速に大きく影響を及ぼしてタイムに表れているものと思われる。
また新たな課題を見つけることができた。

■WED

■THU
多摩サイ
88.2km 245m

多摩サイが身近な存在でありながら、あまりしっかり走ったことがなかったので、走ってみる。
結果、左岸から右岸に渡る箇所を把握しておらず、迷いまくる。
交通環境は悪いものの、ストップの少ない道の為、踏み続ける練習になる。
来週、もう一度チャレンジし、多摩サイの起点またどり着きたい。

■FRI

■SAT

■SUN
物見6周

10m15~25s程度で1年生と共に6周をこなす。
限界まで追い込むことはなかったが、ノドの不調で呼吸が苦しくなるのが問題。
そして、改めて登りの苦手さを実感。
平坦の方が楽…ではないが、耐えられること耐えられること。
仲間から体感無さ過ぎてキモイの称号を与えられてしまったので、改善に努める。

●総括
ペダリング改善、体幹を鍛える。
練習は重いホイールで筋力強化という人もいるが、自分はむしろ軽いホイールで練習するべきだと思う。
軽いホイールの方が慣性が使えず、回していくのが難しいから。
レースと近い感覚で練習した方がよいと思う。

全日本学生選手権

4周DNF

2周目に集団から剥ぎ取られる。
前日と同じ、脚もある・心拍も余裕・息だけが上がるっという症状。
5日まるまる乗らなかった(というか体を動かさなかった)のは問題だったか…。
と思いきやログを見ると自己ベストタイムを出していたのでコンディションは言うほど悪くなかったのかもしれない。
2周目まで集団のペースが速かったと聞き、そこで残れていればその先も見えていたかもしれないと反省。
結局オープンロードから何も変わらない無力な結果に終わった。

登れない登れない。
自らの減量を行った方がよいのかもしれない。

P.S.
サポートに徹してくださった、サポートの方々ありがとうございました。
おかげ様で選手はレースに集中することができました。
車を出してくださった杉本先輩ありがとうございました。

6月第2週(4~10日)

■MON

■TUE

■WED

■THU

■FRI

■SAT
23.4km 552m
戸田峠

学生選手権前日として、辺田峠を登る。
殿筋の部分断裂は、ほぼ治った状態。
全力で治すために1週間乗れていなかったため、今の自分のポテンシャルを試すように登った。
割と好調で驚き。
気になる点は、脚も心拍も余裕な状態で息が上がる点である。
復帰直後の症状だろうか。

■SUN
全日本学生選手権
別記事参照

●総括
筋断裂の治療に徹する1週間であった。
なるべく動かず負担をかけずで、速いペースで修復することができた。
自転車に乗っても痛みもなく、大丈夫そうである。

全日本学生個人ロードTT

全日本学生個人ロードTT
46:24 70位

平均40.33kph。
今までのタイムトライアルの中で一番のペースマネジメントであった。
心拍80%弱から温存し、残り1kmの95%まで緩やかに上げていくことができた。
ラスト1kmから全力でゴリ踏み。
500mを切り、300m看板が迫るところからフルモガキ。
最大心拍205rpmで過去最高記録。
非常にベストを尽くし追い込むことができた。

スプリント時、殿筋が攣って痛いと思っていたが、レース後になっても痛みが取れずひどくなるばかり。
歩けないことはないものの脚が上がらず、吐き気まで催して痛気持ち悪い。

その晩も寝付けず、大殿筋の部分断裂であった。
日常生活は大丈夫だが、負荷はかけられない。
来週の学生選手権に出る為、全力で直しにかかる。

P.S.
車を出してくださった石井先輩ありがとうございました。
ゼッケン返し、筋肉切れてマジで痛かったので、ほんとに代わりに行ってほしかったです…。

6月第1週(28~3日)

■MON
柳沢峠
146.4km 1763m

相馬先輩と東京近辺では一番高度のある柳沢峠に向かう。
踏める。
調子がよくグイグイと登っていくことができる。
しかし、課題はやはりダンシングである。
どうしても踏み込み過ぎる傾向にある為、引き足を意識。
回すというよりは持ち上げて前へというイメージを作る。
後ろ足の荷重を抜けば、前足への荷重は意識せずともかかっていく。
習得は一朝一夕では無理そうである。

■TUE

■WED

■THU
利根川TT対策
ローラー50m

ローラーで50m全力で漕いだ。
ペース配分を掴んだ。
大殿筋が筋肉痛になった。
TTの突っ込んだポジションは、大殿筋を伸ばした状態で収縮させているため、負荷が多いようだ。
かといって、サドル位置は限界高く前まで持っていっている。
ハンドルを上げれば解決だがエアロ面でマイナスとなるため、このままでいく。


■FRI

■SAT
彩湖
48.6km 185m
翌日に控えたTTの調整を行う。
土手下が強烈な向かい風である。
速度が落ちるが、TTフォームを強く意識した走りができた。
土手上では追い風を利用し高速巡行の感覚を確かめる。
バカ踏みしたら60kph弱出た。
ディープホイールは伸びがエグい。
めちゃ速になれる。

■SUN
全日本学生個人ロードTT
別記事参照

●総括
TTで全力を尽くすことができた。
それでもう満足である。
来週は学生選手権で伊豆へ向かう。
登り対策を続けているため、その力試しである。
速くなっている実感はあるため楽しみである。

5月第4週(21~27日)

■MON
梅ヶ谷7本
73.3km 986m

昨日のオープンロードの結果は、割とショックだった。
久々に万全の態勢でレースに臨めたのにもかかわらず、手も足も出なかった。
要するに実力がないことをマザマザと思い知らされた結果になったからである。

なので、登った。
風邪気味であったが、回復を待って夕方にライド。
見つけた近道はKOMまで44秒さの5位になった。
全力は出していなかったので、ワンチャンある。
7本登って約1000mの登坂であるから、オープンロードはこれを2回分登っているのだ。
ダンシングを意識しつつ練習。

今後はここを拠点に練習していきたい。

■TUE

■WED
クリテ練15周
28.3km 54m

迫る利根川TTを意識し、ガンガン上げて追い込むようなことはせず、TT的な踏み方で15周を回った。
途中から電気工事の車線規制がスタートし、8回お世話になる。
何回も来るなと思われたかもしれないが、お構いなしで失礼した。
ここは今日で計210周走ったことになった。
昔は、このペースでも4周走って1周休みを2回の計10周で限界であった。
クラス3の短距離のレースであればそれでよかったのかもしれないが、クラス2の距離になるとそうもいかない。
15周から20周ぐらいは一気でこなさなければならない。

■THU

■FRI
梅ヶ谷峠3本
53.5km 586m

青梅側から3本
山頂手前の500mほどの区間が草刈りの車線規制であった。
2日連続車線規制である。
しかも、右カーブ登り車線側が封鎖されているため、激坂区間をイン側で回らないといけない。
斜度15%近いところを500mも規制しているため通過に時間がかかる。
1本目、その区間で踏ん張ってまあまあのタイム。
裏を登り返す2本目は前半の勾配が緩やかな区間で上げて、終盤の急坂区間でペース。
心拍がやけに上がって辛いと思ったら、自己記録を更新していた。
嬉しみ。
再び車線規制の3本目。
えんやこら登っていたら、ガードマンから「対向待ってるから早く!」と怒鳴られる。
くるくる脚が回る程度にはスピード出していたのだが…。
7本予定なんだから、なんでこんな序盤で踏み切らなあかんねん。
そのまま帰って終了である。

■SAT
風張林道
94.9km 1399m

相馬先輩と島崎と風張林道。
平均勾配12%の3.7km。
ひたすらにケイデンス鬼低い踏み倒すのみの地獄である。
ペース配分のペの字もない激坂で練習になるかは疑問だが、自転車に乗っているのであれば一度は登るべき東京のラスボスである。
もはや筋トレのクレイジーライドだった。
下りで島崎が落車。
あまり考えずに下ってしまった為、反省。
速度、フォーメーションなどもっと考える必要があった。
ケガが速く治ることを願う。

■SUN
彩湖8周
44.3km 112m

昨日の筋肉痛…というか負荷疲労で筋力がマックスに立ち上げられず、非常にきつかった。
筋肉のキャパが低かったため、心拍も上がらず。
しかし、周回の自己記録を更新していたのは驚いた。
万全の状態であれば、更なるタイムを狙えた可能性あり。

●総括
登った週であった。
来週は利根川TTの週である。
約30kmと長いため、今までのTTとは違ったペース配分を意識しなくてはならない。
パワーメーター未装着の為、最適解の心拍数を確かめたい。

オープンロード

4/20周 DNF

2周目ダウンヒル中にチェーンを暴れさせてしまいイン側に落とす。
そのまま追いつけるわけもなく2周を単独で走り、DNF。

レースまでのモチベーションの運びは良かった。
集中してアップもでき、スタート直後も悪くなかった。
ペースは速くなかったのだろうが、自分にとっては余裕のないペースだった。
余裕はないけどついていける感じで、2周目までは頑張っていたが、ダウンヒル中にチェーン落ちを起こしてしまった。
下りストレートの入口付近に停車し直す。
テンパって時間をかけてしまった。
慌てて追うも、集団はすでに見えず、元から余裕も無かった為、追いつく奇跡も起こせず2周を単独走。
足切りであった。
直接的なキッカケはチェーン落ちであるのだが、そもそも余裕がなかった。
落ちなかったとしても、話によると3周目からペースアップがあったようで、精々1周か2周延命できていた程度であったと思う。
そもそも余裕があれば、チェーンを暴れさせるようなことはなかった。
登れないことが敗因である。

登りの強化。
そして、登りダンシングで前加重になりすぎる(ハンドルに体重が乗ってしまい体重が欠けられないうえに踏み込み過ぎてしまう)癖の矯正。
以前から分かっていたことなのに、レースまでに対応することができなかった。
学生選手権、ひいてはインカレに向けて、同じヘマはしないようにする。

p.s.
藤原先輩および一年生諸君、サポートの為に当日入りしてくださり、ありがとうございました。
10周目まで残って補給を受け取りたかった…。

そして、ウチの黄色い車に部のサイクルキャリアが移植されたことを報告します。
MAVICカーみたいになりました(笑)。

5月第3週(14~20日)

■MON
多摩サイ
25.2km 87m

夕方より日の入りしないうちに1時間ほど流す。
どちらかというと疲労取りライドである。

■TUE
都民の森アプローチ
45.7km 242m

踏んだ。
行きは結構なゴリゴリ具合、帰りは流し気味。

■WED

■THU

■FRI
梅ヶ谷4本
61.1km 864m

今までこの峠には、青梅を経由していっていたが、今回は道の悪い近道を見つける。
ロードで走れないほどの道ではない。
日の出側から梅ヶ谷峠を4本。
登った感触は悪くはない。
感触は悪くないのだが、タイムが昨夏よりも落ちている。
登坂能力の落ち、これはオープンロードでは致命傷。
控え目に言ってマズい。

■SAT

■SUN
オープンロード

別記事参照

●総括

オープンロードの週であるのに、それに備えた走りができなかった。
色々な用事があったためである。
なかなか思うように乗れない。
次のレースは、6月3日の利根川のTTである。
ロードのまま挑むか、DHバーを新調するか、悩みである。

5月第2週(7~13日)

■MON

■TUE

■WED

■THU

■FRI
クリテ練10周
23.3km 44m

茂庭っこからの風を引きずり、やっと治ってからの練習再開。
もっと踏めないかと思ったが、思いのほか大丈夫である。
途中、フェンス一つ挟んで並走するYナンバーFITから「Hey! Good job!」と声をかけられて手を振った。
ここで練習すると10回に1回くらいはこういうことがあるから嬉しい。
異国の人の方が暖かい。

■SAT

■SUN
梅ヶ谷峠3.5ピストン
70km 908m

一番近場の小さい峠でヒルクラ対策。
表を計4本、裏は計3本。
久々に一人で高強度な練習ができた。
レーゼロはやはり固い。
というか、だいぶクリテ向きなホイールだと思う。
登りだと低摩擦を生かしたヌルヌルな加速はできず、低摩擦がゆえに失速が速い印象。

●総括
風邪がやっと治った。
バイトも、セルフ働き方改革したので練習時間を増やせるかと思う。

5月第1週(30~6日)

■MON

■TUE

■WED

■THU
GW合宿1日目
四賀村周回
62.3km 1006m

合宿初日、朝1時起きが集ったか踏めず。
茂庭っ湖で風邪を引いたのでしばらく走っていなかったというのもある。
少し頭痛、千切れて頑張っていたらガチゲロリンをした。
信号が少なくとても走りやすかった。

■FRI
GW合宿2日目
美麻4周
48.9km 886m

インカレの舞台となる美麻を午前中のみ走る。
この日もあまり調子がいいとは言えないが、昨日よりは格段に良くなっている。
しかし、風邪っぽい。
調子は上がったが、体調は悪化した。
昼から雨が降ってきたことを理由に宿で5時間爆睡した。

■SAT
GW合宿3日目
美麻5+3周
112.7km 2064m

体調、昨日よりもマシ。
鼻の奥が熱い感覚と若干の頭痛であるが、脚は動く。
午前中の最終周にレース走を行った。
大人げなく1位を奪取。
1年生は軽量を武器に登りが速い。
パワー区間でねじ伏せて勝てたが、筋肉ができていけば登りは勝てないかも。

■SUN
GW合宿4日目
美麻4周
51.7km 959m

体調、昨日よりは若干マシ。
鼻が詰まる。
朝に4周。
1軍に配属されるも、速度が速く2軍にドロップアウト。
1周25分ペースは持たない感じだ。
インカレは速いと20分程度で推移とのことなので、今の感じだと1周目でちぎられるんだろうなぁと悟る。

●総括
茂庭っ湖からというもの体調が悪い。
心拍は上がり気味で下がらない。
こじらせてしまったようだ。
合宿後もすこぶる悪い。
オープンロードが近いが、このままでは調子を合わせられそうにない。