8月6〜13日


8月
6日
合宿初日。東京→長野 187.2km
昨年よりペースは早かったような感じたけれど、そうでもないらしい。

7日
合宿2日目。甘利山麓までふみふみ。87.2km
甘利山はなんだかんだ頑張るが、上半身が耐えきれず腰が終わった。

8日
合宿3日目。雨が止んで昼から観音平 20kmくらい
この日がオフに。
その後、上半身の弱さを克服するため体幹トレーニングでいじめられる。

9日
合宿4日目。信州峠→麦草峠 140kmちょい
登れん、もっと登らねば。

10日
合宿5日目。甘利山、合わせて80kmちょい。
1本目、勾配きつい区間を超えて腰が限界を迎えたままで登っていたら過呼吸になり気づいたらフェンスにぶつかって倒れていた。
ご迷惑おかけしてすみませんでした。
2本目はやめておいた。

11日
合宿6日目。大門→麦草峠 150km
前日は2本目をやり切れなかったので、今日は出し切ると決めてスタート。
勾配きつい区間は苦手なのは仕方がないとはしても、そこを耐えてから踏み直すまでに時間がかかるのが課題。

12日 長野→東京 190kmくらい
合宿最終日。登り休み、平坦普通、下り基調なところは踏み切る感じで。
今回の合宿は高田さんのおかげで成り立っていたようなものです、ありがとうございました。福山さんも時間のない中参加ありがとうございます。

13日
少し乗りたかったのですが、夜にローラーですかね。合宿の影響か、ものすごく卓球がやりたい。

8月1〜5日


8月
1日 101.3km 703m

2日 パーっと、測ってすらない。

3日 学校後に53.1km 692m

4日 テスト前にナカノーメくんと渡良瀬、
ようやく夏休みへ突入。あまり乗っていなかったので乗らねば。

5日 東京戻って合宿準備。

白馬クリテは普通にDNF、2日目は雨も止んだので実力でしょう。乗ってないといってもここまで走らないとは思ってなかったので少しショック。
夏休みで死ぬ気で追い込むしかないですね。

富士見合宿 1〜3

1日目 東京〜富士見高原
この日は自走で移動。
行きは登り基調で184キロ走って獲得が2800強となかなかなクオリティですが、ペースは楽すぎずきつすぎずな感じでした。
いつもの移動が車のところをあえて自走にしてるのはそれも練習なのであってこの日遅れてしまった人は帰りはもっと気を引き締めていきましょう。

2日目
午後から雨だったので富士見のセミナー〜甘利山入り口までの80キロ
行きは下り基調だったのでガンガン上げて行きました。帰りは杉本とたけおさんが山へ行ったので他のメンツを連れて帰宅。韮崎あたりまではアゲアゲで帰りました。

3日目
朝から雨だったので止んだのを見計らってみんなで観音平まで

これからは4日連続でなかなかハードですが、強くなるためには必要なことなので気を引き締めて練習していきたいと思っています。

RCS第3戦 白馬クリテリウム

RCS第3戦白馬クリテリウム


Day1 クラス3B 4位

スタートしてから序盤はあまり位置を上げられず、そのままポイントの付く3周回目を迎えてしまい、先頭集団で通過できずポイントはなし。しかし、そこからブリッジをかけて先頭集団に追いつくことができた。合流して少し休んでいると崎戸先輩に前に入れと言われたので、そこからは崎戸先輩のアシストに徹するように心がけた。積極的に先頭を引くようにして最終周回を迎え最後のコーナー付近で日大と日体大と崎戸先輩が加速、そこには付いていくことができなかったが後続集団の先頭はどうしても取りたいと思い、もがき切って4位でゴール。
人生初のレースであったため、展開などが分からなかったが、全力を尽くせたのは良かったと思う。しかし、最初のスタートから思ったよりも位置を上げられず、先頭集団に追いつくまでで足を使ってしまったこと、またその後も先頭を引きすぎて最後の加速に反応出来なかったのも反省点だった。展開を読む力を付けて、賢く立ち回れるようにしたい。


Day2 クラス3D 27位  落車

結果的には最後の直線で落車に巻き込まれ、ゴールスプリントに加われず、完走者の下から二番目でゴール。前日と違い、足を溜めながらも最後の局面を迎えられていただけに残念な結果となってしまった。あれほどの集団であの狭い道でスプリントすれば落車は起きてもおかしくなかったし、自分はスプリントがないので、もう少し早い段階で何かしら仕掛けるべきであった。しかし、レース前に自転車の不具合が発覚して、竹尾さんにお借りすることになってしまったり、レース直前になって色々焦って準備してしまったりアップがほとんどできなかったりと今考えれば落車してもおかしくない不安要素が多くあったように思う。

昇格できればインカレに出場できるというレースであったので残念な結果に終わってしまい悔しい気持ちです。また、今回のレースで感じたことは、自分の目指すべき場所はここではないということです。事前にもっとしっかり調整を行えば、昇格圏内に入ることも難しくはなかったと思います。



最後に、行き帰りと長い時間運転してくださった竹尾さん、病院の付き添いに来てくださった崎戸先輩ありがとうございました。
また、他の部員の方々、他大の方々にも大変ご迷惑をおかけしました。



RCS第3戦 白馬

1日目 ポイントレース C3 3位
全6周回で3周目が中間ポイントでした。
序盤からペースは上がり中間ポイントは日体大のアタックに単独でブリッジしここは2位で通過しポイント獲得。そのまま小集団で最終周に突入し、ラストコーナー前でアタック。中途半端にかけてしまったのですぐに日大、日体大に捕まってしまいました。そして、最後は3番手でスプリントを開始し、捲りきれずに3位でゴール。

2日目 クリテリウム
前日は昇格は逃したものの気持ちは切れていなかったのでこの日で勝ちきる気持ちで行きました。
結果から言うと5位でした。
最終周横から上がってきた人に横に押されアッサリコースアウト。差は結構空いてしまったので全力で追ったのですが、スプリントには絡めませんでした。

今思えば反省点も多かった2日間だったなと思います。「あの時こうしていれば」というのは言い出すときりがないのでまた次の山形村のヒルクライム頑張ります。
3年目にしてまたインカレにも出られずいつまでC3にいるんだと自分でも思っているのでこれからのレースは今まで以上に一戦一戦大事にしていきたいと思っています。

7月第5,6週(23~31日)

■23日
奥多摩湖
84.4km

寝違えから復帰。
信号と最後の10%以外は25kphを下回らないように心がけて走りました。
帰りは想定外のゲリラ豪雨。
平地に入ったところから強度を上げました。

■24日
ローラー台
30m

テストがヤバい。
外に行ってる暇がないので、少しでもとローラー台。
終えた瞬間に床に下したクリートが滑って強制股割けになり、悶絶。

■25日

■26日
メディオ
(15+10)×2

午前中に二本だけ行いました。

■27日
軍畑インターバル
38.8km

以前見つけた軍畑の急坂で1km全力のインターバルを3本行いました。
短時間で、いい具合に追い込めることができました。

■28日

■29日
RCS第3戦 白馬クリテリウム初日
クラス3A 30位

デビューレース、雨の中のポイントレースでした。
後ろの方で何とか完走できたものの、走ってる最中はとにかく全力で苦しんでいるだけで、ポイントレースであることすら失念していました。
とにかくスピードが違いすぎたので、40kphオーバーで走り続ける力が必要だと思いました。
力だけでなく、レースでの走りなれもしていないので、レースを多く経験して慣れる必要も感じました。

■30日
RCS第3戦 白馬クリテリウム二日目
クラス3C DNF

朝から喉の調子が優れず体も不調で、レース序盤であっさり遅れてしまいました。
体調が悪いこともありましたが、コーナリングも課題です。
コーナーで速度を落としすぎてたので、加速が鈍って体力も消耗していると思いました。

帰ってから分かったことですが、普通に風邪だったようです…
体調管理はしっかりしてたつもりなんですが…

■31日

●総括
テスト勉強の合間に練習することが大変でした。
白馬当日に万全の体調にできなかったことが反省です。
レース自体も慣れが必要だと思ったので、いろんなレースに出て経験を積むべきだと思いました。
とりあえず、ゆっくり休んで体調を万全にして合宿に臨みたいと思います。

たけお先輩、長時間の運転ありがとうございました。
先輩の皆さん、初めてのレースで、わからないことだらけだった自分に多くのアドバイスをありがとうございました。
白馬のデビュー戦は、今後に繋がる貴重な経験でした。