金、日

金曜は彩湖にてメディオ走。
15m×4、静止状態からトップギアで踏むやーつ×2。後者のメニューは負荷が破壊的なのでほどほどにしときました。
dat,70km
time,2h38m

日曜は崎戸、杉本、三須、矢野、須崎、小林、竹尾、佐々木さんで物見山へ。
行きは向かい風で辛く、物見山周回は6周のレース。
帰りはローテをなんとか回すの精一杯でした。
久々の対人練でした。物見山まではごまかせましたが、帰りはしんどかったです。練習って大事ですね。

avHR,172bpm
2, 11m4s
3, 9m59s
4, 10m9s
5, 9m36s
6, 9m53s
物見山周回(特にラスト4周)のタイムはざっと見た感じでは夏頃と遜色ない具合でした。信号の関係等もあるので一概には言えませんが。

 このシーズンは季節や気持ち的にも乗るのが難しい時期でもあります。そのためオフをとる選手や、あまりガツガツ乗らない選手もいます。では自分達(特に来シーズンにインカレ等のビッグレースを控えている選手)も乗らなくていいのか?それは正解でも不正解でもないと思います。ただ、「皆が乗らないから自分も乗らない」では並の選手で終わってしまう気がします。天才だとか強い選手と呼ばれている選手は今のような時期でも息をするように練習をしているのだと僕は思います。
 勿論、乗らない選択肢も間違いでは無いです。しかし、根拠無き休息ではただ弱くなるだけです。自分なりの考えや理論を持って練習を組み立てて欲しいですし、自分もそうなりたいものです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する