TRS2戦 なんだか背中熱い

土曜にTRS第二戦が行われスクラッチとポイントに出場してきました。
初のクラス2でドキドキ。まずは、完走を目標にと考え出場しました。

スクラッチ 10km
行く途中でいろいろあり修善寺に着くのが遅くなってしまいアップはローラー5分ほどしかできずに出走でした。アップができなかったりバタバタいていたこともあり緊張を全くしないままのスタートでしたが心臓が楽でした。レース自体はひたすら前にいかずただただ完走を目指すだけの積極性のかけらも無い走りだったので楽に走れました。クラス2のペースがはっきりわかったわけではありませんが、アップをしっかりして走ればまともに走れるのではないかと好感触でした。

ポイント 15km DNF
スタート直後、脚が重い。以上に重かったです。スクラッチのダウン不足だったのか、単なるスタミナ不足か。正直なところスタミナ不足な上にダウン不足。何周目だったか全く覚えていませんが半分くらいの周回らへんで一人になり、もう無理だなと諦め降りる準備をしながら走っていました。最後尾の集団が後ろに見えてきたときに一応上に上がって待っていると、最後尾の集団はまとめて降りてくださいというアナウンス。『よし降りよう』と思っていたらなぜか集団が上がってきて気づいたら落車してました。落車中何があったのかわかりませんでしたが、とにかく背中が熱かったです。

レースに落車はつきものですし、機材・身体ともに大事に至らずにすんだので諦めはつきますが金銭的にも怪我的にも痛みは残りますね。

来年の今頃にはクラス1に上がれてるようにしっかり練習していきます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する