学連 大町美麻ロードレース

狙っていたニセコで失敗して、失意のまま全く乗らず土曜日試走5周。

スタートは割と前のほう取れたし、富家さんの近くでずっと走れたので今までみたいに極端にポジションを落とすことなくリアルスタートを迎えた。その後は前のほうの展開とか気にしている余裕は皆無で、内容も曖昧なので他大のブログを参考に記します。
1周目超速い、2,3、4周目速い、5周目普通、6周目激坂がきつく、逃げていた10人程が見えてからの平坦はこの日一番踏んだ。何とか追いつく。7周目普通、8,9周目サイクリング、10周目最初の坂から法政が前に固まってペースアップ、集団は分断。その動きには乗れたが周回残り5km地点で千切れゴール地点で足切り。

dnfだったがやっと学連のロードレースをまともに走れた。オープンロード、全日本学生、ニセコと位置取りの失敗が大きな原因だったのでそこだけを意識して走った。また集団内の動きの読みも7割方当たったことやコースが下り、平坦区間が多く休める時間が長かったことが長く走れた要因かと。
9人しか完走者がいなかったこのレースは一人でも集団から飛び出し前に追いつくほどの力がないと通用しないないとRCSリーダーの走りを見て特に感じた。

後輩たちは補給のサポートありがとう。上手くできた場面も多かったが課題も見つかったので合宿で潰していこう。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する