初学連 行田クリテリウム

たらればになってしまいますが、あそこでもっと踏んでいれば・・・というところが多々あったかなと。

最前列でスタートできて、2周目まではほぼ先頭の位置に。で3周目か4周目に後ろからパスされペースアップ。崎戸先輩もいたので、その流れに乗りたかったのですが、後ろからどんどん来てまえは塞がれでうまく乗れずにガクンと位置を下げてしまいました。これがダメでしたねー。その後前の方で中切れ。3周ぐらい中切れを埋めようと踏みますが届かず。周りとうまく協力できず、一人で踏んでました。ラスト1周になる直前のホームストレートで力尽き、ラストは東海大学の人とスプリント。相手もへたっていたらしく、スプリントしてんだか立ち漕ぎしてんだかよくわからん状態でゴール。

個人的にベストは尽くせたと思います。中切れを埋めようと踏んでたところは40km/h以上出てたし。ただ、踏みどころの判断がまだ全然わかってなかったですね。もっとふんどきゃよかった。



レース後、福山先輩や中野目先輩と、なんで俺は山があんなに遅いんだという話に。ここで衝撃的な事実が判明したんですよ。実は俺はケイデンスが他の人よりだいぶ高いらしいんです。だから筋肉が付いてなくても平坦はそこそこ走れてしまうが、負荷がかかるとケイデンスじゃどうにもカバーできないので一気にペースが落ちる、と。これがわかったのはかなり大きいと思っています。課題が一気に明確になったし、どうすればいいかもわかってきました。

これからは自分が走りやすいギアより2枚重いギアで踏んで走ろうと思います。あと筋トレ。


ケイデンスと筋力を両立するのってすごく難しいんですけどね。うまく折り合いつけながら練習する。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する