東日本学生選手権トラック自転車競技大会

参加種目はスクラッチ。境川自転車競技場で予選6キロ決勝10キロ、で行われました。
成績としては決勝DNFという実力の無さが顕著に出た結果となりました。

予選。ギア比54x15
特に誰かをマークするといったことはせず展開と脚を見ながら走りました。レース自体は軽いアタックはあるものの逃げになりそうなものは無くゆったりとしたペースで進みました。ラスト一周半程から集団全体が動き始め、自分の前にいた日大生が前に行くのに付いて9着で予選通過。10着までが予選通過でぎりぎりの予選突破でした。

決勝。50x14
予選の序盤でギアを重く感じたので若干軽くしスタート。タイムテーブルを5分勘違いし時間ぎりぎりでスタート位置につきました。
序盤からマークしたい選手はいるのに後ろに付くことすら辛く中切れを何回も起こす始末。中盤から辛さより哀しさが多かった。ラスト3周?くらいで降ろされ終わり。ギア比が合わなかったのか調子が良くなかったのか、どんな理由でさえ只管に自分の弱さを確かめるレースとなりました。
最初から予選突破というレベルの低い目標を掲げてる時点で結果は決まっていたと感じます。

今回は予選・決勝を走り今までのレース以上に自分の足りないものを明確にできたレースでした。今回の結果を踏まえ、学生選手権・インカレに向けて練習していこうと思います。次の目標は入賞すること。

学連の仕事をしてくれた藤原お疲れ。相馬をサポートとして使いまくったのに情けないレースをしてしまった。
サポートと応援ありがとうございました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する