3月12 神宮クリテ

12 神宮クリテ
これからはレースではサイクルコンピュータを付けていこうと思った。あと1周だけどなんか急に逃げを捕まえる感じでペース上がったなと思いながらゴールライン超えたら終了していた。スプリントも何もせず終わったので寂しかった。何のために早起きしたのか不思議になってしまった。サイクルコンピュータがあれば周回間違えはしないのでこれからは付ける。立哨や送ってくれた人はありがとうございました。

2月19

19
今日は待ちに待った浮城の町行田クリテリウムだった。会場に滞在したのは1時間ほどだった。
午前の一般枠の大きな落車が原因で中止。
帰ってから物見山へ行った。
自転車レースはやはり常にリスクがあるものなので注意が必要だと改めて感じた。特に学連では落車が多いので。バイクコントロールを培う事でそのリスクも少しは減るので頑張る。
ロードバイクやる時の防具としては一般的にヘルメットと布のグローブのみなので、そのヘルメットもまだ使えそうに見えても2年程たったら交換したりしとこうと思った。

2月14

14
埼玉の山へ行った。白石峠はこないだまではてっぺんまでドライだったが、この日は半分以降凍結していた。有意義な1日になった。

2月3日

3
埼玉の山へ行った。
風が強すぎて時速20km巡行を1分保つだけで精一杯だった。
横風の方角になると危険になる程で、非常にナーバスだった。

1月21

前回の行田ではパワーが足りなくてダメだったため、それを補う練習を1週間した。
しかし今週になってから風邪で何も出来なくプランがパーになったので、明日の行田はスプリントになる前にアタックして逃げ切りを狙う。
今日はこの時期らしく、晴天の強風であった。
予報では晴れで風速1mになっているが、強風になる気がする。集団のコーナーはより不安定になるだろうから気をつける。

1月2日3日もてぎ100レース

2日
朝に埼玉の山を走った。寝忘れてたので昼に寝た。その後明日の準備をした。未明の高速道路はガラ空きで気持ちが良かった。
3日もてぎ100レース
とても楽しかった。初めて新しい自転車でレースに出たが良い感触だ。前日に買って、初めて使うステムとカセットスプロケットとグローブを使ったが、それも良い感触だ。
以下レースインプレ。ローラーでアップする時間が無かった。チェーン清掃に時間を費やしてしまったためだ。これは当日やるものではない。きついコーナーが無いということで空気圧は前後10でいった。ヒヤリハットシーンは無かった。ただ2周目の巨大集団でずっと前の方で落車があって芝生に回避した事くらいしかイレギュラーな事は無かった。最後のスプリントはゴールラインが何処かわからなかった。11月23日のエコパエンデューロよりは獲得標高少なかったらしい。その割に疲れた。コースのアップダウンの感じはエコパに似てた。練習で4時間とか走る事はあってもエンデューロは3時間だけでもきつい。実力が足りないので頑張る。
新しい自転車の硬さが好調である。足攣った。このレースも2年前に出てタラタラだったので今日は良い感じに走れて良い練習にもなったので有意義な1日になった。

クリスマスのネッツ豊田湘南プレゼンツ大磯クリテリウム

とても楽しいレースだった。最終コーナーに何番手で入るか等いろいろ悩んでいたが全てうまくいった。
序盤で1人アタックしてから千切れる人も出るくらい集団がバラバラで2人や3人の逃げっぽいのが決まりかけてるような前も後ろも統一感ない感じになった。先頭4人がそろそろ集団離したくらいの時、私もそこに入っていた。後から公式があげた動画で見たらそのとき集団先頭で落車があって4人の逃げが良い感じになった。集団から1人スーパーブリッジしてきて5人で競った。最終コーナーもコーナリングが気持ちよかった。Gがかかる感じが良い感じに気持ち良い。やっぱコーナリングは上ハンが攻めやすくて楽しい。途中のコーナーでは突っ込みすぎて前走者にハスるところだった。逆にその人も遅い且つ抜けが膨らみすぎとも思ったがやはりそこは後ろの私が合わせるべきである。最後は勝ったし細かい事はいいのだが。
空気圧前後9。風はストレートと並行にまあまあ、ヘアピンふたつタイヤのキャパは余裕だった。次のクラスは1個上になって速いだろうが圧は前後9.3くらいにする。
大磯は非常に苦すぎる思い出しか無かったので良かった。前日泊めてくれた方はありがとうございました。結局寝なかったけど。
あと1時間もすれば日の出だろう。今から白石峠へ行く。

12月18

部活にパンクで遅れて彩湖2周だけになった。もちろん全く疲れなかった。
住宅街を抜けたところでパンクして直していたら近くに住むおっちゃんが色々手伝ってくれた。
予備のチューブも壊してオワタと思っていたら島忠に車で運んでくれた。島忠が開店するまで暖かい家の中で暖かいコーヒーもくれた。島忠でお金まで払ってくれたので、翌日その返金とお礼の品を渡しに行った。
こうして私は無事に部活に辿り着く事ができた。今回のように多くの人の支えがあってこの部活は成り立っているので感謝の気持ちを忘れてはならない。

12月9.10.11 学連行田

9
軽く室内練。
10
NO練。
11
学連行田クリテ。落車が多すぎて不思議だった。スタート直後やストレートやコーナーで落車があった。クラス2のレースを少し見た。コーナーに入る速度がやっぱ全然速い。空気圧は其々だが全員同じくロードバイクなのにクラス3では何故あんなに落車するのだろう。技術面でもインカレに出る出れないの差は大きいと感じた。自分も油断してたら転ぶのかもしれない。
セオフェスと同じくスプリントに向けて加速する場面で沈んでしまった。ギアを1個上げて踏むべき所で脚が無くてそのままのギアでクルクルして沈んだ。回せば付いていけると誤解していたのも原因だった。あそこは確実にギア上げなきゃ無理。レース中盤はアタックとか牽引する余裕は無くコバンザメ走法。今回ので行田クリテは落車と風が要因なサバイバル形式だと確信した。気にしていた横風は気にする程ではなかった。追い風向かい風は凄かった。
結果は48人中?10位だったが大井町の4位よりは良いものだと思う。今回足りなかったのは最後の出力とレース当日の準備で前回の行田より良かった事は落車をうまく避けたのと最後まで先頭集団にいた事くらい。
レース当日の準備というのは、スタート直前「この田んぼの端になら今嘔吐してもドン引きされないよなぁ?でも吐いたら本当に気分悪くなる。」と葛藤してたくらい吐き気がした。直前に食った餅が出てきそうだった。この日帰宅後クッキーを食ったらお腹に溜まらない感じがしたのでこれからレース前はクッキーでお腹を調整する。車乗せてくれた相馬さんは有難うございました。この後の大磯は出力と何処で仕掛けるかがポイントなので備える。

12月4.5.6.7.8

4
午前は用事あって部活欠席で午後から夜まで室内練。
5
彩湖練。ポジションがとても合わなかったから、この日から膝の裏が炎症のような筋肉痛。
6
物見山。なかなかポジションが合わなくてつらい。
7
物見山。ついにアウターを使った。
去年より1ヶ月以上遅いと思う。これから3ヶ月間は使う。早く冬は終わってほしい。
8
室内練。外に出る事も可能だったが寒いのが嫌だった。風も強かった。